企業主導型保育所とは

企業主導型保育の4つのポイント
1.⾃治体を通さないでも補助⾦が出る
2.⼦どもを預ける親の多様な働き⽅に対応できる
3.複数の企業の共同設置や地域の⼦どもの受け⼊れもOK
4.利⽤者と施設の直接契約
「企業主導型保育」は、企業のニーズに応じた、保育所の柔軟な設置・運営を助成する制度で、平成28年度より始まったばかりの
非常に新しい事業です。
内閣府により設定され、カテゴリとしては“認可外保育施設”に位置づけられる保育園で、各企業が開園・運営する
「会社がつくる保育園」となっております。認可外保育施設ではあるものの、保育所の運営費・整備費の助成⾦が出される特徴があります。


ココカラデザイン保育園の強み

入園メリット
保護者の働き方に合わせた柔軟な対応と認可保育園並の保育料で入園可能です。
保育方針
“環境”、”保護者”、”家庭との連携” に配慮した健やかで創造的な保育環境をご提供いたします。
コンセプトデザイン
人材バンクの機能を有する”PDAA”のネットワークを活用して保育士・園児の確保

提携企業募集

提携企業のメリット
企業様の福利厚生としてご利用可能です。
出産、育児を理由とした離職率の改善
 出産を機に離職される従業員さんが多い企業様には非常に有効です。
企業イメージアップ
 地域の方からの信頼度を高めることができます。
優秀な人材の確保
 働き盛りの子育て世代の人材確保が期待できます。
ご利用料金
企業様のご負担なし、毎月の保育料の支払いのみ(従業員負担で可)。

詳細はお電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。


設置企業募集

設置企業のメリット
弊社サービスの範囲
-物件選定
-申請代行
-開園準備
-運営代行
すべてお任せいただけます。

詳細はお電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。


ページトップへ